楽天モバイルの特徴と詳細まとめ

楽天モバイルのチェックすべき項目

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。楽天モバイルは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるキャンペーンを実施中です。それでは、早速!楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoの基地局を使った激安なスマホ!

業界最安値水準の月額料金で人気の楽天モバイルは、ドコモ回線を利用しています。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、
また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。docomoのスマートフォンのほとんどが、楽天モバイルで使用できる機種に該当します。そのほか、セット販売されているSIMフリースマホを購入することでも利用可能です。現在、ドコモのスマホを利用しているのであれば、SIMカードを楽天モバイルで契約するだけでサービスを利用できるので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。ドコモ回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

格安スマホが大量

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルで購入可能なスマートフォンは、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。タブレットも8インチから10インチまでのモデルを用意しており、用途に合わせた機種選択が可能になっています。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。楽天カードを持っていないなら、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

データ容量の翌月繰越対応

契約プランごとに使えるデータの容量が変わりますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。楽天モバイルでは、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。この繰り越しサービスに関しては、行っていないMVNOも多くあるので、この様なサービスを提供している楽天モバイルは、メリットが大きいサービスであるといえます。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

電話料金が半額!楽天でんわ

「楽天でんわ」は楽天モバイルが提供しているサービスで、通話にかかる料金が半分になるというメリットがあります。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。もちろん、IP電話にはありがちな050番号が付加されることもなく、あなたがいつも使っている携帯の電話番号が相手に通知されます。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。また、楽天でんわを使用して発信した通話には、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分かけ放題オプション

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。月額850円で通話し放題のオプションが楽天モバイルから新たに登場しました。ただし、1回の通話が5分以内というものです。しかし回数制限はありません。5分間の通話し放題のオプションサービスは電話回線を使用しているので、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、今までと同じように普段電話をかけるのと全く変わらずに通話し放題になるのは、他に類を見ない大きな特徴です。通話がかけ放題になるプランを提供しているNifMoでは、発信者番号通知のサービスに対応していない事もあるようです。楽天でんわを使用した場合、通常1分21.6円の通話料ですので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。

到着した月は無料

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、最初の1ヶ月はタダになります。注意して頂きたいのは、「1ヶ月」というのは、SIMが届いた日から1ヶ月間ではなく、届いたその月ということです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。乗り換えのタイミングは慎重に!

通信速度

楽天モバイルの通信サービスは、0速度に関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、楽天モバイルがもつ最大の強みの1つです。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの3日間制限

どのMVNOでも変わりませんが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、定められたデータ容量を超えた人に対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの料金プランや速度について、解説していきます。いまのスマホ代と比較しながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。 料金プランを見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。通話SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 ベーシックプラン以外は、ドコモのLTEという225Mbpsの高速回線が使えるプランになります。初期費用は、3,240円で、それプラス端末料金が必要です。

楽天モバイルの解約制限

楽天モバイルの最低利用期間に関して、解説していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。12か月以内に契約を解除された際は、9800円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

現在のキャンペーン

author