mineoの口コミと詳細まとめ

mineo月額と解約

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。月々の携帯代と見比べながら、mineoならどれぐらい節約できるでしょうか。計算してみてください。 mineoの料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoの料金は、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの契約縛りについて

mineoの解約制限、これは頭に入れておいてくださいね。解約する際の契約解除料に縛りがないmineoは、解約違約金は発生しません。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、格安スマホは気になっているけど、と利用をためらう人にとっては魅力的ではないでしょうか。ただし、1年以内にMNP転出する際には12,420円の手数料が発生してしまいます。音声SIMを契約するなら、この決まりに留意する必要があります。

mineo速度に関して

mineo(マイネオ)の通信速度は、一体どのくらいのものなのか解説します。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、Aプラン(AU回線を利用したプラン)においても225MbpsのLTE回線を使用しています。ブログやネットニュースでも知られていますが、混雑する時間帯では、キャリア契約の回線の通信速度には劣ってしまいます。混雑時でも通信回線が速い方がいいというのであれば、キャリア契約をの方がよいでしょう。とはいっても、料金面での安さを考えるとかなりお得ですから、総合的に見てみると格安スマホのサービスは優れていると思います。

mineo AU回線プランの3日制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。具体的には3日あたりの通信容量が、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。mineoの場合、各プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランにおける帯域制限

mineoのdocomo回線を用いたプランでは、直近3日間の通信量による、3日制限はありません。多い日もあれば少ない日もあるといった具合に、毎日のデータ通信量が全く異なるという方は、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、通信制限の可能性を心配せずに使用できます。このような違いも考慮した上で、どのプランにするのか決めるのがいいと思います。

mineoのチェックすべき項目

mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIM・格安スマホサービスです。docomo・au・ソフトバンク。これら3社からの乗り換えの場合、月々の料金がとてもお安く利用できるお得なスマホサービスです。たった1,310円/月で格安SIMを使うことが出来るので、ユーザーの間でもmineo(マイネオ)は注目を集めています。mineoは、マルチキャリアと言って、ドコモ回線とau回線が使える国内初のサービスを展開しています。通信環境や品質もdocomoやAUと遜色ないサービスなので、初めて格安スマホを使う方にも安心して利用できます。前置きはこの辺で、mineoのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。楽しく読んで下さいね♪

docomoとAU回線網のお得なスマホ

docomo回線、AU回線を利用して格安スマホを利用できるようになっています。ですから、通話の品質もdocomoやAUと一緒の高品質な通話が可能ですし、利用できる地域もauやdocomoとまったく変わりません。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、スマートフォンを新しくしなくても大丈夫です。スマホ本体は高いので、買い換えが必要ないのは家計に嬉しいですよね。もちろんmineoで販売されている格安スマホを支払い分割で購入して利用する事も出来ます。品質の良いキャリアの回線を安く利用する事が出来ますし、どちらか自分の使い方に合った回線を選んで、携帯代を節約しましょう。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE(ボルテ)プランも用意

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。VoLTEは、今までの通話の音質に比べて断然良くなった、最新の通話方式の名称となっています。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。VoLTEでは、拾える音の周波数の範囲が広がり、50Hzから7kHzという広範囲になりました。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。

容量くりこしOK

mineoの料金プランでは、モバイルデータ通信容量のくりこしに対応しており、毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。

mineoアプリでデータ量を節約

mineoのmineoスイッチとは、任意で、データの通信速度を高速・低速の二種類の速度に切り替えて使用することが可能です。データ通信量を無駄なく使用することができ、必要に応じて回線速度を変更できるため、とても便利です。mineoスイッチを電波の状況で公衆無線LANと切り替えると、さらに安いデータ量プランで済むことになるかもしれません。スマホ代をかなり安くしたいなら、mimioはおすすめなMVNOです。

今なら間に合う期間限定キャンペーン

author