BIGLOBE SIMのキャンペーン内容を解説!

BIGLOBE SIMの通信スピードについて

BIGLOBE SIMのネットワークは、ドコモの高速通信回線(375Mbps)を利用してるのです。通信スピードに関しては、何不自由なく使える速度と言えます。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、BIGLOBE SIMにも魅力を感じるのではないでしょうか。利用者はスマホ代が高いことを不満に思っていることもあり、今後もMVNOや格安スマホの発展から目が離せませんね。

BIGLOBE SIMの通信制御について

BIGLOBE SIMの場合、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられました。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっていましたが、72時間制限が廃止となりました!BIGLOBE SIMの格安SIMでは、映画を観たとしても、72時間制限の恐怖に怯える必要はもうありませんよ。3日制限廃止の恩恵は大きいです。

BIGLOBE SIMの月額費用と解約

BIGLOBE SIMの契約料について、説明させて頂きます。他社のスマホ代や携帯代を参考に、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。さて、BIGLOBE LTEのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

BIGLOBE SIM料金プラン・初期費用

BIGLOBE LTEの料金は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である262.5mbpsまでつかえるプランとなります。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

BIGLOBE LTEの契約縛り

BIGLOBE SIMの解約手数料に関して、説明していきます。利用期間の規定はデータSIMにはありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。もし何らかの理由により1年に満たない間に契約を解除する場合は、解約手数料として、8,000円が発生してしまいます。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

BIGLOBE SIMの特色まとめ

MVNOの一種であるBIGLOBE LTEでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。現在非常に人気があるのは、月々900円で使えるスマホです。BIGLOBE LTEは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。BIGLOBE SIMならではのオプションサービスが、エンタメフリーとよばれるものです。Google Play Music、AbemaTV、Spotify、radiko.jpといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信料を全く消費せずに使えるというもの!BIGLOBE SIMって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、BIGLOBE SIMの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoエリア対応の格安SIM

BIGLOBE LTEで使用している回線はドコモの回線です。なので、通話の品質はドコモと同じですし、対応するエリアも幅広く、首都圏から離れた旅先などでも心置き無く使えます。BIGLOBE LTEにおいては、ドコモのスマホの殆どが使用する事が出来ます。それだけではなく、BIGLOBE LTEから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。以前にdocomoで契約されていて、そのときのスマホがある場合はSIMカードだけをBIGLOBE LTEで購入すれば、これまで通り使用することができますので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。ドコモ回線を利用した高品質で低価格を実現したBIGLOBE LTEは、信頼できる格安スマホサービスです。

格安スマホの機種が豊富なラインナップ

BIGLOBE LTEの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、BIGLOBE LTEで使えるスマホを新規に買う必要があります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。スマホのみならず、タブレット端末も多く取り揃えているため、よりどりみどりですね。

データ通信量のくりこし対応

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。しかしBIGLOBE LTEを利用していれば、ひと月で使い切れずに余った通信量を、翌月にに余った分をそのまま通常の通信量に上乗せして使うことができます。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、繰越し対応というのが、BIGLOBE LTEも大きな魅力のひとつと言えます。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話代がオトクな、BIGLOBE電話

BIGLOBEでんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。プレフィックス型通話サービスと言われるもので、IP電話と違い、発信者の番号が相手へと通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。要するに、電話の受け手からすれば今まで通りの電話番号が表示されるのです。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、一般電話と比べると使いにくい点もありました。一方、BIGLOBEでんわを使用すればこのような問題で困ることもありません。かけ放題の通話サービスもあるんです。

3分かけ放題

NTTドコモには「カケホーダイ」、auには「電話カケ放題プラン」、SoftBankには「通話し放題プラン」がありますが、多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。格安なMVNOは興味があるけど、通話が多いので心配だなという方に朗報です。BIGLOBE LTEは月額650円で、さらに一度の通話が3分以内であれば何回でも無料であるというも登場したのです。この「3分かけ放題」で使用しているのは一般的な電話回線であるため、BIGLOBEでんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。BIGLOBEでんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、単純に月に30分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

最大60分の無料通話付き!通話パック60

BIGLOBE SIMには、でんわ3分以内かけ放題(650円/月)とは別に同料金で、「通話パック60」というサービスがあります。こちらは、月々650円で無料通話1,200円が必ずついてくるお得なオプションです。どの通話も長く話さない、3分で終わるような人には、3分かけ放題がイチ押しとなりますが、時には長話しをしてしまうこともあるという方には、通話パック60を利用した方が良いです!ぜひたくさんある通話オプションの中からご自身に合ったものを検討してみてください。

到着した月は無料は嬉しい

BIGLOBE LTEでSIMの新規契約をした場合、始めの1ヶ月分の月額料金が「無料!」になります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。到着日によっては、丸々1ヶ月無料になりますね!現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、単に月初まで待った方がいいとは限らないのです。乗り換えのタイミングは慎重に!

【期間限定】キャンペーン!

author