IIJmioの口コミと詳細まとめ

IIJmioの口コミについて

IIJmioのセールスポイントを挙げると、やはり、手厚いサポートからくる顧客満足度の高さと古参MVNOとしの信頼と実績にあるでしょう。格安スマホ満足度調査で総合部門最優秀賞を受賞したことで、いかにお客様に支持されているかがわかります。電話またはオンラインのサポートも充実しているので、格安SIMや格安スマホを使うのが初めてという方でも、わからないことは気軽に質問できるので、安心してMVNOを使い始めることができます。

高速な通信速度とアフターサポートが人気の理由

IIJmioの口コミを見てみると、通信速度が安定していることとサポートが手厚いことが好評を博しているようです。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、顧客満足度では最優秀賞という実力を見せつけました。この点からもIIJmioは選ぶ時の候補に挙げる人が多いでしょう。また、数多く存在するMVNOの中でも、信頼の高さと知名度の高さを兼ね備えています。ネット上の口コミや2chなどでも評判の良いMVNOですので、格安スマホデビューを予定されている方には、間違いの無い選択になると思います。

IIJmioの回線スピードについて

あらゆるMVNOのうち、IIJmioは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。通信速度は速いに越したことはないですがその分不安定になっては意味が無いわけで、その点ここは充分な早さと安定性を実現していて、
レビューサイトの口コミや評価等においても、肯定的な意見が多く見受けられました。月額料金が安く、通信速度が速い、この二点を重視した格安スマホをお探しならば、IIJmioは最適だと思います。

IIJmioにおける3日間制限

みおふぉんは、ただし、低速通信時の時のみ直近の3日間の利用状況によって速度規制が発生する場合がありますが、ただし、高速通信の利用時にはこの3日間の通信量制限はありませんので通信量を気にせずお使い頂けます。利用者の平等な利用環境のために、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。具体的には3日あたりの通信容量が、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。

IIJmioの特色

インターネットイニシアティブの音声通話機能付きSIMサービス「みおふぉん」について説明します。株式会社インターネットイニシアティブはMVNOサービスを早期に開始した会社であり、格安SIMサービスが始まった当初からこのサービスに注目していた人なら、誰でもIUmioという名を一度は聞いたことがあるはずです。「格安SIMアワード2015」の顧客満足度調査で、総合部門・最優秀賞を受賞したほどの実績があるのです。この賞の受賞により、ブランド力はもちろん、サービスや品質において充実しているいうことが言えます。そんな訳でして、IIJmioをどこよりも分かりやすく解説しました。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoエリア対応の格安SIM

格安スマホサービスの一つである、IIJmioはdocomoの回線を利用しています。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、サービスエリアも非常に広い範囲となります。ですので、非常につながりやすいです。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができます。無論、IIJmioでセットになっているSIMフリースマホを購入する事もできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、すでに端末をお持ちの方は端末代がかからないという点でも、通信費が節約できますね。IIJmioはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

バースト機能で、低速通信時も快適

IIJmioがバースト機能を導入しています。
バースト機能とはいったい何かをご説明いたします。バースト機能とは、通信においての機能で、通信が低速な際に通信の初め数秒間のみ高速通信を行い、ページが表示されるまでの期間をぐっと短縮できる機能です。低速通信を使っていても、このバースト機能があれば、画面表示がすばやくなされるので、ウェブページの表示にも時間がかからず、ストレスの無いインターネット利用が可能になり、人気のサービスとなっております。しかし、この便利な機能はDMMモバイルとIIJmioでしか取り扱ってないようです。

容量の翌月繰越しに対応

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、月によっては、あまり使わないときもあるはずです。話題の格安スマホ、IIJmioでは、前の月に使いきれず余らせた通信量を、次の月に繰り越して使うことができます。余ったデータ通信量の繰越に対応していないMVNOもあるため、繰り越しができるという点も、IIJmioの大きなメリットです。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

IIJmioのファミリーシェアなら、最大10枚!

ファミリーシェアを提供しているIIJmioですが、SIMカードを最大で10枚まで利用できるようになります。自分の家族だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんまで、みんな一緒にIIJmioに乗り換えれば、今の値段との価格差は全然違います。家族全員分の携帯料金を合算して考えると、非常に大きいコストカットが出来るはずです。格安スマホ人気の波に乗って、家族のスマホ代節約に挑戦してみるのも一つかと思います。サポート体制が充実しているllJmioですので、初心者の方にも安心です。子どもにスマホを使わせる場合でも、みまもりパックをオプションでつけることで安心できます。

IIJmio料金と初期費用に関して

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、IIJmioではどのようになっているのか説明します。IIJmioを契約しようかと思案されている方は、今契約しているサービスと対比させて、通信費がどれだけ安く抑えられるか、考えながら見ていただければ良いと思います。それでは、早速、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

みおふぉんの月額プラン・初期費用

IIJmioの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円:す。

IIJmioの解約制限について

みおふぉんの最低利用期間と解約手数料に関して、ご紹介していきます。IIJmioの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。もしも最低利用期間の12か月以内に解約してしまうと、解約手数料9,000円取られますのでご注意ください。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

【みおふぉんキャンペーン】

author